津田水引折型 津田水引折型 結納 金封 水引細工・水引作品 ニュース オンライン販売

加賀水引:色鮮やか…観光客ら、作品づくり楽しむ【毎日新聞】

正月の祝いばし用に水引飾りではし包みを作る教室が5日、金沢市本多町3の中村記念美術館・旧中村邸であり、観光客や市民ら20人が旧家の風情を感じながら、色鮮やかな加賀水引の作品づくりを楽しんでいた。

 伝統工芸を体験する「金沢手づくり塾」の一環。水引細工の技を100年に渡って継承する老舗「津田水引折型」の津田宏さん(53)らを講師に迎え、和紙と水引で松竹梅の3セットのはし包みを製作した。

 京都市から観光で訪れた大学院生、小野口和英さん(29)は唯一の男性参加者。一緒に参加した村木慶子さん(28)と初挑戦の水引に苦労しながらも、「凝りだすとはまりそう。お正月に自分で作ったはし包みを使うのが楽しみです」と熱心に手を動かしていた。【近藤希実】

【毎日新聞】http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20091206ddlk17040416000c.html

テーマ : 地域のニュース - ジャンル : ニュース