津田水引折型 津田水引折型 結納 金封 水引細工・水引作品 ニュース オンライン販売

涼やか、風鈴形水引 金沢の津田水引折型【北国新聞】

 16日の石川県内は高気圧の影響で薄曇りや晴れとなり、最高気温は金沢24・6(平年24・7)度、輪島20・8(同23・2)度と5月下旬から6月中旬並みの天気だった。
 金沢市石引2丁目の津田水引折型では、夏を前に華やかな風鈴形の水引細工「加賀水引風鈴」が初めて登場した。風鈴を覆うように作られた色とりどりの水引は直径約8センチで、季節の音を感じる言葉を書いた短冊が付いている。

 4代目の津田宏さん(53)と妻さゆみさん(52)が観光客らの土産物となるよう考案し、今月初めから製作してきた。限定60個を販売する予定という。

 金沢市が国連教育科学文化機関(ユネスコ)から創造都市ネットワークのクラフト分野で登録されたことを受け、宏さんは「金沢の伝統工芸を外国人にも発信していきたい」と意気込んだ。

 金沢地方気象台によると、17日の県内は曇りの見込み。

【北国新聞】http://www.hokkoku.co.jp/subpage/TR20090617701.htm

TR20090617701.jpg